当院ではスポーツ整形外科外来において、スポーツ特有の障害や外傷を専門とする医師が診療にあたり、スポーツ愛好家からトップアスリートまで、競技種目やレベルに応じた治療を行っていきます。

近年、スポーツへの関心は高まっており、子供から高齢者までがスポーツを楽しむようになっています。一方で、スポーツによりけがをすることもあります。スポーツ選手がけがをした場合、その治療のゴールは、日常生活に戻ることではなく、元のスポーツ活動ができるようになることです。そのため、スポーツ動作時の痛みや動きが改善する必要があり、日常生活に戻るレベル以上のものが求められます。

スポーツでけがをした多くの場合、適切な安静期間とリハビリを行うことで競技復帰を目指します。リハビリでは、通常の物理療法のほかに、適切なストレッチ、筋力トレーニング、基本動作トレーニング、競技動作トレーニングなど、アスレティック・リハビリテーションを行います。手術を要する場合も、できるだけ最少侵襲で行うため、その多くが関節鏡での手術となります。

主なスポーツ外傷・障害

投球障害肩(野球肩・リトルリーガーズショルダー・SLAP障害など)、肩関節不安定症(肩関節脱臼など)、腱板損傷、肩関節周囲炎(拘縮肩 凍結肩など)、インピンジメント症候群、肩鎖関節脱臼、鎖骨骨折など


野球肘(離断性骨軟骨炎・内側側副靭帯損傷・肘頭疲労骨折など)テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)、肘関節脱臼など


三角線維軟骨損傷、有鉤骨骨折、マレットフィンガーなど

股関節
グロインペイン症候群、股関節唇損傷、FAIなど


靭帯損傷(前十字靭帯損傷 後十字靭帯損傷 内側側副靭帯損傷 外側側副靭帯損傷)、半月板損傷、離断性骨軟骨炎、オスグット病、ジャンパー膝、ランナー膝、膝蓋骨脱臼など

下腿・足
足関節捻挫(足関節靭帯損傷)、シンスプリント、足関節インピンジメント症候群、三角骨障害、外脛骨障害、アキレス腱断裂、アキレス腱炎、足底腱膜炎など

脊椎
腰椎分離症(疲労骨折)、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎捻挫、バーナー症候群(Stinger症候群)、頚椎椎間板ヘルニアなど

その他
骨折、疲労骨折、肉ばなれなど

★スポーツでは一度の外力で生じるスポーツ外傷と、繰り返しの負荷が原因となるスポーツ障害に分けられ、これらを合わせてスポーツ外傷・障害と呼びます。一般的にけがは一度の外力で受傷するものを指しますが、ここでは両者を含む意味で表記しました。